市松模様の不安

恥ずかしい勘違いをされることがある。
別に俺は何も悪いことはしていないのに、なんか俺が辱しめにあうようなそんなことが。
去年か一昨年くらいのことだが、友人にMTRを貸すことになった。
俺は既にHDD8トラのデジタルMTRを持っていたので、以前使っていたヤマハのカセット4トラアナログを貸すことにしたのだ。
結局そのMTRはもう使うことも無いだろうし、実家に帰るという友人へのはなむけとして譲ることにした。
そして半年くらい前にその友人と再会したときに俺は勘違いされていたことを知った。
彼によるとMTRの入っていた袋に何やら歌詞らしきものが入っていた。
その歌詞を読み上げるとなにやら恥ずかしげな内容で、オノウィンがこんな歌詞を書くなんてこっちまで恥ずかしくなりそう、みたいに思ったらしく、今まで言うに言えなかったらしい。
しかも人の曲だし、なんか捨てるに捨てられなくて対応に困っていたというのだ。
曲名はローズマリーだった。
ひどい!俺はそんな曲作っていない!勝手に勘違いして俺を辱しめるな!
余計な気を使ってくれなくても俺の曲ではないのですぐにでも捨てていいと言いました。
その歌詞カードはメン募を見て会ってみた人に渡されたやつであって、決して俺はそんな恥ずかしい歌詞は書かないぞ!
以下、ほとんどおぼえていないが、印象に残ったフレーズを書き上げてみよう。

ローズマリー

Aメロ いつもよりも笑顔少ないのは北風のせい
サビ 胸のことなんて気にしなくていい
   小さいほうが愛嬌がある ローズマリー

恥ずかしい!断じて俺はこんな歌詞は書かないぞ!(でも雲海はちょっとあれかな)
勝手に俺を辱しめないでください。