岡下と井尻の話

先日近所を歩いていたら、「岡下」という表札を見かけてoh…という気持ちになった。
名字は選べないものなぁ。
この手の例は挙げ出したらきりが無いが、もう一つだけ印象的な名字があって、それは井尻さんという名字だ。
この名字を見た瞬間「あだ名は岡田だろうな」と思った。
きっと彼は高校の部活や大学のサークルなんかで同級生や先輩から「岡田」と呼ばれていた事だろう。
そうすると後輩も特によくもわからず「岡田先輩」「岡田さん」「岡ちゃん」などと呼んでくるだろう。
部活やサークルとはそういうものだ。
でも同級生や先輩でも全員が全員あだ名を使うわけでは無いだろうから、中には本名で呼ぶ人もいるだろう。
そうすると恐らく後輩は「岡田だからあだ名が「イジリー」なのか」と思うだろうし、更には「いくらなんでも先輩に対して「イジリー」は無いだろ」と思うだろうから、依然として「岡田さん」と呼び続けるだろう。
部活やサークルとはそういうものだ。
井尻さんの心中察するに余りある。


※当文章はフィクションです。
実在する井尻さん、学校、部活動、サークル、イジリー岡田さん、ギルガメッシュナイト、日本のビジュアル系バンドのギルガメッシュとは一切関係ありません。
ご了承ください。